日々の小さな不満ときっかけひとつで爆発できる

品川で前髪カットしている時にも、美容師さんと意気投合した話があります。
それは最近旦那と家事育児の分担割合について爆発してしまいました。
我が家は子供2人を保育園に預けて働いている共働き家庭です。私は時短勤務で早く帰る分保育園のお迎えは必ず私が担当しています。

日頃主人は家事も育児も一般的な男性に比べてよくやってくれる方だと思い、感謝しています。
しかし平均よりよくやっているからいいのではなく、夫婦で納得したバランスでの負担にしたいと思っていました。

主人は帰ってきてから洗濯物を干すことと夕ご飯の洗い物と上の子の保育園タオルの準備のみをしています。
その分私は保育園お迎えとゴミ出しと洗濯物セット、お風呂洗いに子供のおやつの準備と夕ご飯作り。その上子供2人のお風呂は毎日私がやっています。
また毎日発生することだけでも負担割合が違うことに加え、イレギュラーに発生することは全て私任せです。
毎日ではないこととしては季節により変わる保育園の持ち物準備や各種支払い、上履きなどのたまに洗う手洗い分やイベントの準備、保育園の行事参加などです。

一度毎日の負担が大きいことを主人に話して、夕ご飯の内容を決めることとゴミ出しはやってくれるというので毎日考えなければならないことの負担は増えましたが、実際やってくれたのは3日程度でその後はゴミ出しや夕ご飯のことについては触れもしなくなって忘れてしまったようです。

爆発するきっかけとなったのは子供が熱を出したときです。夫婦とも正社員なのでそう何日も休めないのですが、主人はごめんね、あれ休めないの一言で全てを私に任せようとしていました。
私もごめんねと一言で他の誰かが子供の面倒見てくれるのであればそうしたいのに、夫婦で対等ではないことが頭にきて爆発してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です